ウォーターサーバーの基礎知識と選び方

天然水とRO水

ウォーターサーバーについて知りたいならば、まずは天然水とRO水の違いから確認してみてはいかがでしょうか。
ウォーターサーバーの導入を検討する場合に、これらのどちらにするのかは重要なポイントになってきて、選ぶにしてもこれらの特徴を知らなければ意味がありません。

まず天然水ですが、各地から湧き出した水を処理することなくボトリングしているものを指しています。
この天然水のポイントとしては、基本的には最低限の処理に留めているので、水に含まれているミネラル分が壊れてしまうということを防ぐことができます。
さらにミネラル分がしっかりと配合されているので風味にも特徴があって、適度なミネラルを含んだ水は少し甘く感じるのです。

次にRO水という種類についてですが、こちらは不純物を一切排除して提供されるものになります。
特殊なフィルターを使ってかなり高レベルのろ過を行いますので、とにかく不純物のない綺麗な水が飲みたいという人にはおすすめです。
これならば赤ちゃんに与える水としても安心することができますので、用途によってRO水を選んだり、天然水を選んだりしてみましょう。

また、RO水が作られる過程で行われるろ過は非常に強力で、あのダイオキシンやO157といった物体まで取り除くことができてしまうのです。
最近は何かと環境問題がうるさい時代なので、これらについて高い関心を持っている人もいるかと思われますので、そのような場合にはRO水を選ぶとよいでしょう。
これはウォーターサーバー選びの基本中の基本となっていますので、とても簡単な知識ですがとても重要な知識でもあります。
天然水とRO水の違いがわかったら、どちらが自分に合っているか考えてみましょう。

© 2014 ウォーターサーバーの基礎知識と選び方 All Rights Reserved.